ごあいさつ

時代を担う大切なお子さまが心身ともに健やかに成長できる保育内容の提供と職員の資質の向上を図るために、各種の研修を重ね多様な保育ニーズの期待に応えられる保育内容の充実した実現に向けて運営を行っております。
併せて、地域に根差し愛される地域福祉の発展・展開を目指しております。

概要

 川崎保育会は、少子化が進行する中で増大する保育需要と多様化する保育ニーズに応え、地域全体の福祉の発展と乳幼児の健全な発育のために社会的使命を果たすべく、財団法人川崎保育会から独立した社会福祉法人として設立しました。

法人名称 社会福祉法人 川崎保育会
設立年月日 平成22年1月27日
理事長 奥村 栄
現に運営する保育園 (1)ももの里保育園  (平成22年4月開設 定員120名)
(2)ちとせ山ゆり保育園 (平成25年4月開設 定員130名)
(3)野川ほのぼの保育園 (平成28年4月開設 定員120名)

法人の施設運営理念

  • 子どもの最善の利益を守るために誠心誠意努力します。
  • 女性の社会参加・男女共同参画社会の実現に向けその役割を果たしてまいります。
  • 地域に根ざした新時代に対応する地域福祉の充実に努めます。

 近年、核家族化の進行や女性の就労機会の増大、社会参加など子どもと家庭を取り巻く環境が大きく変化しています。こうした中で、川崎市においては少子化が進行する一方、大規模開発などによる都市整備が進められ、子育て世代の人口の流入が続いています。
 川崎保育会は、少子化が進行する中で増大する保育需要と多様化する保育ニーズに応え、地域全体の福祉の発展と乳幼児の健全な発育のために社会的使命を果たすべく、平成22年1月に財団法人川崎保育会から独立した社会福祉法人として設立しました。
 平成22年4月に開設した「ももの里保育園」を中心に、地域の状況、保育を必要とする保護者の皆様の要望に沿った良質な保育サービスを柔軟に提供してまいります。
 また、働き方の変化、親の価値観の多様化など子どもを取り巻く環境が変化し、子どもの置かれている状況も複雑化しています。保育園運営を通して入所児童はもとより、虐待を受けた子供、障害のある子ども、そしてJ悩みを抱える保護者への相談・支援など地域における社会資源としての役割をはたしてまいります。
 川崎保育会は、社会福祉法人という高い公共性を有する事業主体として社会的ルールを厳守し、事業の安定性・継続性を踏まえつつ健全な事業運営を進め地域福祉の向上に努めてまいります。

現に運営している社会福祉事業

保育所運営事業

ももの里保育園

通常保育:定員120名 / 月~金曜日 7:00~20:00 土曜日 7:00~20:00

一時保育:定員12名 / 月~金曜日 8:30~17:00

地域の子育て支援に関する事業:園庭開放・育児相談・保育情報の提供・世代間交流行事等を随時実施している。

ちとせ山ゆり保育園

通常保育:定員130名 / 月~金曜日 7:00~20:00 土曜日 7:00~20:00

子育て支援センター:月~金曜日 ・9:00~12:30 ・14:30~16:00

地域の子育て支援に関する事業:園庭開放・育児相談・保育情報の提供・保育園児との交流、世代間交流行事等を随時実施している。

野川ほのぼの保育園

通常保育:定員120名 / 7:00~20:00

一時保育:定員12名 / 月~金曜日 8:30~17:00

Copyright © Kawasaki Hoikukai, All Rights Reserved.